看護師は転職しやすい職種

慢性的に不足している職業の上位に常に位置しているのが看護師ですが、言い換えれば、多くの医療機関で看護師を探しているということですから、

看護師は転職をしやすい職種でもあると言えるでしょう。

その職種の人員が不足しているかどうかは、求人数と求職者数のバランスを示す有効求人倍率によって知ることができます。

看護師の場合、有効求人倍率は、約3倍となっており、看護師1人に対し、最低3つの求人があるということを意味しています。

この有効求人倍率は、東京や大阪と言った大都市よりも地方のほうが、高い傾向を見せており、地方へ行けば行くほど、転職先を見つけやすいことになるのです。

これは、都市部にある医療機関のほうが、給料や待遇といった労働条件がいいことから、看護師の定着率が高いことが一番の理由となっているようです。

地方では、転職先はすぐに見つかるのですが、労働条件が希望通りでないことが多く、多くの看護師は、また転職するというサイクルが続いてしまっているようです。

看護師が転職しやすい職種であるもう1つの理由には、看護師として仕事をする上で、年齢制限がないということが挙げられるでしょう。

40代以降になると、転職をすることが難しいという職種も多く見受けられますが、

看護師の場合、結婚・出産、家庭の事情等で休職していた40代や50代の看護師も、転職に成功している人が多くいるのです。

転職サイトでは、ブランクOKなどの知りたい情報を確認した上で探すことが出来ます。

この年代の看護師は、経験豊かなベテラン看護師も多いことから、医療機関サイドにとっても、即戦力になることから、重宝されている転職者であるのです。

◆参考にどうぞ:神奈川県川崎市川崎区、神奈川県川崎市幸区、神奈川県川崎市中原区、神奈川県川崎市高津区、神奈川県川崎市多摩区の看護師 求人・募集・転職|ナースではたらこ